モノづくり考

| コメント(1) | トラックバック(0)

週末を控え、まるで『梅雨明け』を思わせる真夏の良い天気となりました。
さて、今日は『モノづくり』について私感を綴ります。
 ドイツのモノづくり思考に強い興味を抱いた若き日の小生は、手荷物ひとつで放浪しながら技術を学び、極めた者へ与えられる『マイスター』に憧れ本気でドイツ行きを考えていました。
が、長男であることを理由に両親から反対され実現出来なかった事を、今もの凄く後悔しています。
30年を経た現在、日本のモノづくりについて少し疑問を感じています。売れるモノを造る。当たり前のことですが、ホントにそれで良いのでしょうか?

CIMG0970.JPG

たとえばクルマ。現在の日本車はどのメーカ、どの車種も同じように見えてしまいます。
売れるクルマを造ればそれで良いのでしょうか?
真価あるクルマを造った結果、ベスト・セラとなる考え方は如何でしょうか?
企業も、モノも、毅然としたを持ち、モノづくり大国ニッポンの産業発展に頑張っていきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.saitama-kita.jp/mt/mt-tb.cgi/26

コメント(1)

私も大きく共感するところがあります。
だけど良い物が売れる時代ではないですよねー。

ハイブリットで地球環境にやさしいといっても燃費はせいぜいリッターあたり20キロぐらいの車は、はたして地球環境にやさしいのか?

昔ホンダのN360なんかが走り回っていた頃はリッターあたり20キロなんか当たり前だったはずです。

真の技術開発をいうなら軽自動車なんか360CCでアルコール燃料で有害物質を大きく削減した排気ガスを目指したほうが地球環境にもエネルギー問題にしてもいいかも?

マツダの水素燃料を使ったロータリーエンジンは
そういう意味ではかなり完成の域に達していると思う。だけど?なんで?インフラが整備され、普及していかないのか?

いろいろ問題はあるんだろうなー。

アルコールは作ることができるけど現段階では排気ガスがかなり有毒のようです。

コメントする

埼玉仮想工業団地ホームページへ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、adminが2006年7月14日 09:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Eau De Vie 『命の水』 Part2」です。

次のブログ記事は「加藤先生・小竹先生西秩父商工会地区へ参上。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。