法螺を吹く? 法螺を点てる?

| コメント(0) | トラックバック(0)

【法螺を吹く】大言を吐く。また、その話。虚言。でたらめを言う。
と、岩波書店の広辞苑に記載されています。

今日、昼食を摂りに会員事業所に行ったところ、真言宗(だったと思う)のお坊さん達と同席しました。
傍らに立派な法螺を携えていたので、『わたし、法螺を吹くの得意なんですよ!!』と、言った話に及んだ時のことです。“法螺を吹く”というのは私たち一般が使う言葉であり、“法螺貝を吹くこと”を山伏など僧は“法螺を点(た)てる”と言うのだそうです。
また、携帯用の法螺と祭典等で使用する法螺は全く違うモノであり、携帯用は少し小振りで軽く出来ているのだそうです。

これは“法螺を吹いて”の話ではなく、お会いしたお坊さんからお聞きした実話です。(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.saitama-kita.jp/mt/mt-tb.cgi/92

コメントする

埼玉仮想工業団地ホームページへ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、adminが2006年11月21日 16:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第13回荒川新そばまつり 終わりました!」です。

次のブログ記事は「e-中小企業ネットマガジンのご紹介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。