アルミダイカスト,スクイズ工法,ナノキャスト,アルミダイカストの株式会社 リテラ

アルミダイカストの 株式会社 リテラ

スクイズ工法、真空工法、インサート工法に独自の技術を有するダイカストメーカーで、特に、高度な技術が要求されるスクイズ工法ではスクイズマシン14台を所有し、世界第一位の実績を持ち、自動車のエンジンやブレーキ等重要保安部品を生産している。
更に、世界に先駆け、半凝固法の製法確立に取り組み中。

ナノキャスト技術革新においては平成18年度経済産業省「中小企業・ベンチャー挑戦支援事業」・平成19年度経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社」
に選定された。

  • アルミダイカスト
  • スクイズ工法
  • ナノキャスト
  • 真空ダイカスト
  • インサート
  • トヨタ・ホンダ自動車部品
  • アルミダイカスト求人
  • 求人案内情報
  • 半凝固ダイカスト

株式会社 リテラお問い合わせ先

代表者名 福島広昭
担当者名 守屋 和幸
担当者役職 課長
郵便番号 368-0201
本社所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄2703番地
支所・営業所 秩父工場:〒368-0065 埼玉県秩父市みどりが丘9番地・29番地2
電話番号 0494-79-1300
FAX 0494-79-1305
ホームページ http://www.reterra.co.jp

地図

株式会社 リテラ企業情報

企業コード 045
地区 西秩父商工会
業種 ダイカスト製品製造
従業員数 200
資本金 3億4000万
年間売上高 53億
主要取引先 柳河精機、山田製作所、ゼクセルヴァレオクラクメートコントロール、サンデン、カヤバ工業、エフテック、日立製作所、ショーワ、アイシン軽金属、ボッシュブレーキシステム、三菱電機、
主要実績 ナノキャスト技術革新において平成18年度経済産業省「中小企業・ベンチャー挑戦支援事業」選定を取得
埼玉県投資育成財団第一回投資先
彩の国経営革新モデル企業
ISO ISO9001・ISO14001
製法特許 電磁誘導加熱理器
半溶融金属の成形加工法
金属鋳造品の完加工法
共同受注の有無 希望しない
一日の生産量 30t

製品サービス名・技術情報

商品名 大分類 小分類 内容・特徴
スクイズ工法 非鉄金属 ダイカスト 通常のダイカスト製法とグラビティ製法の特徴を組み合わせた製法で、溶湯を金型下部より低速で充填し高圧をかける製造法で極めて鋳巣が少なく高強度、高耐圧を要求される製品を製造。また、T6処理、溶接も可能。残ガス量1cc以下/100g(通常25cc/100g)
真空ダイカスト法 非鉄金属 ダイカスト 独自のチルトベント方式を採用し、巣の低減や湯廻りを向上させる鋳造法で、フイン形状・ピン形状の複雑形状部品や超薄型製品、大型製品を製造。残ガス量10cc以下/100g(通常25cc/100g)
インサート工法 非鉄金属 ダイカスト 鉄、アルミの複合材製品をはじめ、各種複合仕様の製品に対応可能。調理器、灯油気化器等ヒーターインサート実績多数で、IH鋳造釜においてSUS板のインサート技術を独自に開発(特許保有)
半凝固工法 非鉄金属 ダイカスト アルミ合金を半凝固状態にして、スクイズマシンで成形する工法で、鍛造品とほぼ同程度の強度を持つ。アルミダイカスト製品を製造。

設備情報

機械種類 メーカー名 台数 仕様
スクイズダイカストマシン 宇部興産 14 -
ダイカストマシン(ノーマル) 宇部興産 他 16 -
熱処理設備 - 2 -
NC旋盤 オークマ 他 7 -
マシニングセンター - 8 -
三次元測定器 ミツトヨ 2 -
X線装置 日本フィリップス 2 -
分光分析機 - 1 -
流動解析機 - 1 -
表面温度測定器 - 1 -